WordPress
スポンサーリンク

WordPress3.3.1バージョンアップで、「更新の必要はありません」

「更新の必要はありません。この WordPress のデータベースはすでに最新のものです !」

WordPress3.3.1へのバージョンアップではまりました!

私の場合、サイトによっては何気なくバージョンアップをお気楽に触りにくい感覚があるのです
たとえば、
ページ数がすこぶる多い / テンプレートを、山盛りし込んでいる / なんだかサーバーが重い / 理由はないけど触りたくない
いずれにしても、現在ご機嫌なまま動いているからいいんではないでしょうか・・・ 状態で、ダッシュボードさまからのせっかくのお知らせを無視することがあります

今回、はまったのもこの「できれば触りたくない」と感じていたサイトで起こった現象!
こちらのサイト様は、専用サーバー プラグインは、30弱動いてくれてるページ数も多くて、そこそこ盛りだくさんのサイトさま
この盛りだくさんという現実が、バージョンアップ更新中に受けるストレス「恐怖を感じたくない」が、今まで様子見の理由です
いろんなところで、3.3さまの問題もなかったのと、別件での作業に合わせてとうとうバージョンアップに手をつけたのです

WordPressさまの作業の流れは、いつも通りの
ダウンロード → 展開 → インストール → データベースの更新

でっ!データベースの更新のあと、
「更新の必要はありません。この WordPress のデータベースはすでに最新のものです !」 のご神託

今まで、3.3へのバージョンアップ中の、WordPressさまの作業でこんな画面は、初めてです
おまけに、次に移動しても同じ画面?

別画面で確認したところ、フロント部分は正常に表示されている事が唯一の救いです
次はログイン画面から、再度ダッシュボードに突入・・・ すれば、またもや「更新の必要はありません。この WordPress のデータベースはすでに最新のものです !」
これから一生この「サイトでは「更新の必要はありません。この WordPress のデータベースはすでに最新のものです !」を見続けるのか!! 

ここは、あせらず、動ぜず、理論的に とここで書いたこととは、180度ま逆の思考と行動で考えます
「更新の必要はありません。この WordPress のデータベースはすでに最新のものです 」の言葉そのままGoogle先生に伺ってみると、やっぱり御親切な方がおられます

何々何と読み進めてみたのですが、PHP関連のの汎用の分散型メモリキャッシュシステムの事のようなのですが、ここではてな?
サーバー会社のサポートさんに聞いてみても、サーバー内には該当のキャッシュSysは置いていませんとの、救い難いお返事

やっぱりな、しなけりゃよかった、どうしようかなと思い浮かだけの、回復改善につながる思考は、完全停止

で、諦め変えるまで20分、試しに再度ログインしたところ、あれま3.3にバージョンアップ後に御見かけするダッシュボードが開きます
そして「現在の状況」には、WordPress 3.3.1 を使用中の表示

どうやら、バージョンアップ中にメモリキャッシュさんが、更新作業に追いつけずにタイムラグでのお仕事してくれていた みたいな感じ?
今回、これだーというはっきりした原因分かりませんが、時間が解決してくれたという結果オーライの現象でした

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: WordPress   パーマリンク
 
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。