WordPress
スポンサーリンク

WordPressプラグイン Single Post Template

「Single Post Template」久々にセットしたら戸惑うほど忘れていたのでここにメモ

シングルポストテンプレートは、カテゴリーごとの単独記事ページのデザインを自由に変えて使えるすぐれもの!

固定ページのページデザイン変更は、phpテンプレートの追加で切り替えができるので、基本的にはこの2つの作業で、HTMLにも負けない自由なデザインやレイアウトが可能となります

「Single Post Template」をお決まり通りインストールしたら後は、ご利用中のテーマの中にあるsingle.php などをコピーしてお好きな名前に変えて、たとえば 「hogehoge.php」 の名前でテンプレートを保存します。

テンプレートの一番上には、

<?php
 /*
 Single Post Template: [haroharo]
 Description: This part is optional, but helpful for describing the Post Template
 */

 ?>

を書き込み、先ほどのテーマホルダーにアップ
ページ投稿画面の属性に「テンプレート選択のドロップダウン」が追加され、選択が出来るようになります。

ここまでは、プラグインページと同じ内容なのですが、ここで今回はまったのが loop.php が吐き出してくれる、各カテゴリーの抜粋一覧!
今回の手順は、新着記事や新着記事以外の別カテゴリーのデザインを変えるという嗜好

loopが吐き出してくれる一覧部分のデザイン犯行は、「カテゴリーごとの一覧、デザインを変えたい!」にあるようにcategory.php をそれぞれのカテゴリーIDに変える事で簡単に切り替えてくれます

ここで、loop部分が切り替わっている事を確認、別作業した後で、個別記事を見てみると、いずれの記事もデフォルトカテゴリーにした「新着ニュースのお顔」
原因は、カタゴリー毎のテンプレートの作成忘れ

「Single Post Template」のセットだけで安心していた寝ぼけまなこの朝での事でした

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: WordPress   パーマリンク
 
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。