WordPress
スポンサーリンク

Googleさんのウェブマスターツールから、マルウェア コード インジェクション警告?

Googleさんには、検索、Map、アナリティクス、アドセンス広告等、常々お世話になっているのですが、このサイトのように Yomi-Search さんのCGIを使ってサイト登録をご提供、ましてや「即時反映」と皆様の善意に頼ったグータラ管理人の場合、困ったちゃんになることもあります
 
アダルトサイトの登録に気づかずに放置、Googleさんからの「AdSense ポリシーの警告」を頂いてちゃっちゃと修正したつもりでいたのですが、サイト名の偽装など相当数のアダルトサイトへのリンクが残ったままで、結局アドセンス広告が停止!
これにはハンドパワー全開で、リンク切れ処理と合わせて1か月、10,000サイトほど誠に申し訳ないのですが削除させていただいたこともありました
 
e今回そんな事考えながら、ウェブマスターツールを見ていたら、ぼんくらお目目に見えた物、今更ながらですがGoogleさんの心優しいエスコート
 
いつもはサイトのダッシュボードで、
「別段なにも無ければこれで良し!」
のいいえ加減チェックで終わるのですが、たまたま
「セキュリティの問題」
をクリックしたら、Googleさんの慈悲深さが見えてきました
 
マルウェア
「ご利用のドメインまたは貴サイトが参照するドメインのいずれかで有害なコードが検出されました。できるだけ早くこの有害なコードを削除されることをおすすめします。・・・」
 
dddそして
「マルウェア コード インジェクション
これらのページでは、マルウェアを含むサイトにユーザーがリダイレクトされていました。」
 
として、新規登録サイトさんのアドレス http://newsite106.com/search/〇〇〇 のアドレスが!
 
この時点で、該当ページに表示されている登録サイトさん全てを、トラウマ恐怖となっている
「ハンドパワーでやるんかい!?」
と思ったのですが、表示されてる詳細ボタンをクリックしたら、一足早いサンタさんならぬGoogleさんからのプレゼント、「不審なスニペット」として登録サイトさんのimg画像アドレスが表示されていたのです

申し訳ないのですが、該当のサイトさんを決め打ち削除で簡単に解決、Googleさんへは、画面の「問題を修正しました」にチェックして再審査をリクエストで一件落着!
 
既にGoogleさんでは早くからこのエスコートをご提供されておられたものだと思うのですが、ぼんくら管理人には宝の持ち腐れ
Googleさんのサービス提供の広さと深さをまたまた知った1件でした
 

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
にほんブログ村に参加中!
カテゴリー: Webメモ   パーマリンク
 
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。