WordPress
スポンサーリンク

再び「タイムアウトエラー Lockmode:symlinkロック」

先々週あたりから気づいていたのですが、新着サイトのバナーを押すとしばらくの待機時間後に「タイムアウトエラー Lockmode:symlinkロック」や、500エラーの表示が出ます
 
このサイトは、TOPやBlog部分をWordPressさん、リンク登録部分はYomi-Searchさんで構成していますが、以前も同じ事があったのでその時の原因「タイムアウトエラーの原因」同様かなと調べて見たのですが、ys4.cgi には何の異常も見つかりません
 
time管理画面や登録ページ、そして各登録されているサイト様の紹介も問題なく表示されるのですが、なぜか新着サイトと更新サイトの表示が「タイムアウトエラー Lockmode:symlinkロック」になるのです
 
この時点で想定したのは、サーバー側のスペックへの不安でした
1.CGI自体は、何ら触っていないのに突然の表示エラー
2.CGI本体の管理画面や制御は正常に稼働
の2点から、そろそろサーバーさんがご負担に対して嫌気がさされた?
 
サーバーの移設も考えていたのですが、管理画面でいくつか設定を見ながら気付いたのです
開発者の Yomiさん Yomi-Search のリリース当時は、今のサーバーに比較すれば相当チープで容量も狭い環境
ましてや、それぞれのスペックの違うサーバーに対してCGIで機能させることや、それば無理ならHTMLで稼働させるとか非常に細かなフェイルセーフで高機能CGIを開発されておられます
 
もしかしてこの部分にヒントが・・・
でっ、結果はどんぴしゃ大当たりです
 
haseiやったことは、管理画面の「派生ファイル更新方法」が、taskファイルで更新に設定していたのですが、これをcronデーモンで更新 に変更したところ、サクサク表示に変わりました
 
理屈の上では、派生ファイルの作業のためのys4.cgiとtaskファイルの読み込み時に何らかにエラーが発生していて処理できずに「タイムアウトエラー」となったのでしょう
それが、cronデーモン処理に切り替えたことで、「派生ファイル作業はcronデーモンで行いますよ~」で処理が迂回されたことが表示再開になったのだと思います
 
根本解決ではありませんが、ひとまずめでたしめでたしにして、しばらくご様子伺いすることにします

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
にほんブログ村に参加中!
カテゴリー: Webメモ   パーマリンク
 
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。