WordPress
スポンサーリンク

10.HTMLページの重さ (表示速度)

ホームページを作る際、デザインや仕組みに、あーだら こーだら あーだらこーだら
無い知恵絞って作ってみたけど、できあがってからいまいち分かり辛いのが、どんなPCで見ても本当に、本当いんたーねっと きちんと見れているのかな? 
私自身いつも感じるのが、この部分です。 違うかな

マイトークでパソコン通信を始めて、今や光でインターネット。
とっても便利にはなったのですが、アクセス解析で見る限り、まだまだOSだけでもWIN98~XP、モニターサイズは、17インチ以上が主流の今でも、800×600もまだまだ健在の全体環境。ぱそこん
同じように、インターネットの接続環境も様々なんでしょうね。
ページが表示されるまでの時間って気になりますね。

ダイヤルアップの設定を忘れてしまった私自身がTOPで固まるページに出会った時、このPCが悪い? 回線が悪い? 私のアドレス打ち間違いが原因?
もしかしたら、私自身の今までの悪行怨念が根源?

いろんな原因を考えて、30秒過ぎてから、 「何か変だよこのページ」と感じるせいか、あまり表示速度にいらいらする事は無いのですが・・・はれくもり

重いのかなと感じるページに出会う機会が増えて、自分自身のサイト(ページ)の表示される時間に興味を持っています。
当然、ネットへの接続方法と、サーバー自体のスペックが大きいのでしょうが、
ページ本体が軽快に動く作りであれば、サーバーさんにご負担かけずに快適な表示に近づけるでしょう。

一般的にはページが表示されるまで 「8秒が限度」 だそうです。

という事で、CGIJAVAさんや、フラッシュくんが走り回るページでも、何秒ぐらいで表示されるの?
ショッピングサイトの場合、TOPページで、「多くの商品画像を並べた多彩活気のあるイメージを作りたい」 この目的だけで画像やCGIなどでてんこ盛りにしてしまうと、TOPページの表示が遅い・動きづらい
せっかく「検索」でお越しになったお客様が「動かないよ いやいや」となっては、台無しです。 ウルルン

第三者評価していただけるサイトさん紹介します。

ぶるーダウンロード時間の無料測定ツール – ダウンロードTIMER
  http://www.downloadtimer.com/about.html
調べたいサイトアドレスの表示速度を測定してくれます。イエー

 ちなみにこのページは、7.6秒(56kモデム換算)
 TOPページが、13.6秒(56kモデム換算)でした。
  (結構広告部分が重たいようです) 眠り
ぴんくこちら↓の画面で表示速度が計れます
 この判定システムさんご自身は、結果画面が出てくるまで8秒どころでは
 ありません。
 判定結果の画面が出るまで30秒、いらいらせずに心静かに待ちましょう。

ホームページのダウンロード時間測定ツール powerd by ダウンロードTIMER

ダウンロード時間を測定したいウェブページのURLを入力してください:


* 測定までに数秒~30秒程度はかかります。送信ボタンを連打しないでください。

* 基本的にご自分のウェブページのダウンロード時間測定にご利用ください。

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
にほんブログ村に参加中!
カテゴリー: Webメモ   パーマリンク
 
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。