WordPress
スポンサーリンク

Fatal error: Allowed memory sizeのエラーから、サーバー会社に感じたこと・・・

今回のお話は、サーバー会社さんについて感じたこと!

クライアント様で、メインホームページがあるのですが、あるコンテンツの制作を戴いて2011年12月にレンタル開始のサーバー
 
当時、7000名程度の会員様に提供するコンテンツ制作に選んだのが、Root権限なしの専用サーバー
勿論、初期設定費用と月々1万円程度の利用料が必要なサーバー会社様でしこそ品質も使い勝手も別段不満なく運用しているのですが、今般ご本体のHPのリニューアルをご注文いただいたので設定開始からの出来事です

基本構造はCMS、いつも通りのWordPressを使っての制作です
2013年10月の初旬、サーバーのコンパネからWordPressの自動インストールを行い(楽ちんですね、これ!)、TOPページも出来上がり下層部分の制作に取り掛かっ多頃は11月に突入しました

当初インストールしたのは、Wordpress3.6.2ですが、この月の10月25日には、バージョン3.7がリリースされました
3.7さんは、同格バージョンの場合、びっくりの「自動でバージョンアップをしてくれる」が売りと聞いていたのですが、さすがにコーポレートサイト様には、こちらの106のようにお気楽にバージョンアップもできないので、テストサイトでの検証後、さらに世間様での様子を見てのとのことで、しばらく3.6.2で制作を続けていました

さてさて制作も中盤どころに進んできたのとに合わせて、そろそろバージョン3.7もサイトによっては更新を始めたことをきっかけに、完成後のバージョンアップよりも制作途上の3.7の慣行制作を考えて、3.6.1から3.7.1のバージョンアップをしてみました

でっ、出ました、WordPressさまのご神託!

err

 
「Fatal error: Allowed memory size」のエラーに対する処置方法については、Web上で親切な皆様から多くご指導いただいてるので問題の処置目的の方は、ここまで読んでおられたなら、まことにご迷惑をおかけしました。ごめんなさい
でこのご警告は、「WordPressの更新・展開には、メモリーが41MB以上いるので、memory_limitをそれ以上に上げてね~」とおっしゃっています
 
ここで、ふと感じたのが、今回のWordPress様の3.7.1へのバージョンアップで出た警告は、少なくともこのサーバーを利用開始した際のデフォルトのままなので、memory_limitは40MBです
Wordpressの簡単インストールのあるサーバー会社さんで、且つ専用サーバーなのに2年前には予想していなかったメモリー量の使用・・・・
 
環境の変化やインフレの変化、なによりメモリーやCPUの高度化・大量利用を感じたつまらない私の感傷でした

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
にほんブログ村に参加中
カテゴリー: WordPress   パーマリンク
 
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。