WordPress
スポンサーリンク

3.HTMLタグの文法エラー

ご自分でホームページをお作りになる人は、人それぞれ馴染みの道具があるものです。
ホームページビルダー等もその代表的なソフトでしょうね。 

ここでちょっとした疑問です くもり
最近SEOクローラーなどといった言葉が、にぎやかになっていますが、これを打ち込むベース、つまりHTMLホームページ(以下HPと省略)自体のタグにエラーがあったり、致命的な欠陥があった場合どうなるのかな?

クローラーさんが、<strong> <h1> などのタグを見っけて重要ワードの評価していく以上、やはりタグには、基本的なエラーや文法には、気を使ったほうがいいようです

また致命的な欠陥とは、「HP自体表示されない」事でしょうが、最近のIEは特に「おりこうさん」へとすくすく成長されて、些細なタグエラーでも表示してくれ
ます。

HP作成のいろんなマニュアルでも、「いくつか違ったブラウザで確認」と、書かれる理由は、自分のPCとブラウザが、 「全日本PC設定統一基準合格、国民全て同じ環境です 安心してね」

 てな事はないんだよ~!!
 と諭してくれているんですね。

同じタグでもブラウザによって表示や表現が違っており、点滅文字などIEでは点滅しても、ネットスケープでは点滅しないなど使用環境によりちぐはぐな状態になってしまいます。

このため、何を共通(標準)とするか? の基本部分に対するものがWWW(ワールド ワイド ウエブ)の標準化を進める団体としてW3Cが有名です。

WebサイトでHPのアドレスを入力すれば、簡単に検証してくれます。
基準をクリアーすれば、検証済みロゴをいただけます。

この検証は、HTMLやXHTMLなどの、それぞれの基本タグを忠実に検証していただけるため、いわば最先端のFLASH君や、JAVACGIさんの軽快特殊な言葉を、厳格な国文学者が、繰返し指摘するようなかんじです。

タイトルに対する、私なりの結論は、
 1.タグの文法エラーは、極力減らしたいもの。
 2.タグ自体は、可能な限り軽くする。
 3.JAVAくんやCSSさんは、外部ファイル化し本体HTMLをスリムに。

W3Cの検証チェックはこちらから
 W3C HTMLチェック W3C Markup Validation Service
  http://validator.w3.org/

W3C CSSチェック W3C CSS 検証サービス
  http://jigsaw.w3.org/css-validator/

タグ文法のチェック Another HTML-lint
  http://openlab.ring.gr.jp/k16/htmllint/htmllint.html

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
にほんブログ村に参加中!
カテゴリー: Webメモ   パーマリンク
 
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。